<< 玄米にはまり中 | main | 『ユナイテッド93』 >>

スポンサーサイト

  • 2008.03.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『ゲド戦記』

『ゲド戦記』、観てきました。
ネタバレするかも。。要注意です。
『ゲド戦記』は私にとって、人生で大切な一冊。
って一冊目しか読んでないんですが!(爆)

好きな本が映画化されると、大概がっかりします。

そりゃそうですよね、本を読みながら頭の中で描いたことを、
誰かがまんま映像化してくれるわきゃぁない。

映画を観れば、違和感ありあり。
ぜったい納得いきません。


これまでに好きな本が映画化されて、
その映画も好きだったのは、『羊達の沈黙』だけです。
ありゃ本も映画もすごかった!

話がずれました。。


『ゲド戦記』がジブリによって映画化されると聞いたとき、
ジブリファンでもある私は、ちょっと嬉しくて、ちょっと不安。。

『指輪物語』や『ナルニア国物語』が映画化される中、
ジブリが選んだのが『ゲド戦記』ってのが嬉しい!

でも、映像化されてしまいたくない気持ちもあり、心ウラハラ。

でも映画が公開されたら待ちきれず、2日目に行ってしまった…(笑)
観てみたら、よかったです〜♪


前述通り、『ゲド戦記』は一冊目しか読んでないので
単なる私の印象ですが、観ててこの映画、
1冊目で知っている範囲のアースシーの世界よりも
『風の谷のナウシカ』の原作マンガみたいだなぁと思いました。

映画を観てて、「命」について考えさせられたのですが、
『ゲド戦記』の登場人物たちが選んだ道は、ナウシカが選んだ道と同じ道だし。

1冊目でハイタカは、魔法使いの修行をしているうちに
ものすごい成長を遂げますが、その成長の仕方が、
ジブリ作品にあるような、目を見張る勇気の物語ではなく、
マイナーに進みつつも、最後に帳尻を合わせたとでもいう感じで、
そこが、『ゲド戦記』でも好きなところなんですが、
2冊目以降は、ジブリにマッチした展開になっているのかもしれませんが、
その辺がなんか違和感。。てかこんなの、想像しててもしょうがないですね、
『ゲド戦記』の原作を読まねば!(笑)



自分の命をやり取りするような極限までいったことがないので
万が一そんな状況になったとき、私が何を選ぶかは不明ですが、
あ! 交通事故を起こして、こりゃダメだ〜と思ったときは
もういいや!って自分の命をあきらめたっけ。

これじゃ私、影に追いかけられてるアレンか。。(笑)

ってなんか比較対象が違ってる…(爆)


映画の最後の部分、あれ、いろんな解釈ができてしまって。。
『ゲド戦記』における「竜」の定義がわからなすぎ。
それを確かめるためにも、原作本を読まねばっ!

スポンサーサイト

  • 2008.03.04 Tuesday
  • -
  • 16:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM