<< 本『こころのチキンスープ』 | main | 本『面白いほど成功するツキの大原則』 >>

スポンサーサイト

  • 2008.03.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


興福寺国宝展

芸大美術館で開催中の、興福寺国宝展に行ってきました。

この国宝展は、曼荼羅がいっぱいあり、
あと、解脱上人という方が取り上げられていて、
そういう時代がつまった興福寺にある美術品の展覧会でした。
(なんちゅう無責任な説明じゃ!)
こんな、歴史を知らないわたし(爆)がなぜこの展覧会に行ったかというと、
わたしは立体物に弱いのです。

今回も、この展覧会の案内ポスターを見て「ひょっとして運慶!?」と思い
思わず行ってしまいました。

わたしが見たポスターの写真の彫刻は、やっぱり運慶の作品でした。
運慶の彫刻は、なめらかで生き生きしていて、なんとなくすぐわかりますね。

この展覧会では、もう1体、目を惹く彫刻がありました。
康慶という人が作った四天王の作品群があるのですが、その一番左端の1体。

この1体と、運慶の2体を見ることができただけでも、
足を運んだ価値があった展覧会でした。充実♪

帰りには、西洋美術館前のロダンも堪能。

カレーの皆さんそんなに悩まないで、ほら、空がキレイ♪
 

ということで、キョウコのきょうは…興

スポンサーサイト

  • 2008.03.04 Tuesday
  • -
  • 22:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM