<< 浦田健さんのセミナーに行ってきました! | main | Frosch♪ >>

スポンサーサイト

  • 2008.03.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


踊るサテュロス

東京国立博物館表慶館で開催中の『踊るサテュロス』展に行ってきました。

『踊るサテュロス』とは、1998年にイタリア南部シチリア島沖で
漁船の網に掛かり奇跡的に発見された古代ギリシャのブロンズ像。
なんと2000年以上も前にギリシャで制作され、アテネから輸送中に
船もろとも海に沈んだと考えられているそうです。

新聞に載ってた小さな写真だけでサテュロスに一目惚れ♪(笑)
門外不出らしいのですが、愛知万博で展示されると聞いて、
愛知まで見に行くか〜!? でも遠い。。(泣)と思っていたら
近所の上野で特別展示されたので、嬉々として見に行ってきました♪
この『踊るサテュロス』展、サテュロス一体が展示されてるだけです。
あと、関連ビデオが放映されてたり、写真や、さわれるレプリカがあるだけ。
でも、これだけで充分!

展示方法が面白いです。展示室の真ん中にでーんと据えられた
サテュロスのまわりを、360度ぐるぐる回ってみることができます。
展示室の一部が高くなっていて、そこからは、別の視点からも見られます。

展示室に入っていくと、サテュロスが背中向きに展示されています。
この辺りの角度が一番躍動感があるので、この向きに設置されたんでしょうか。

以下、サテュロスの説明のコピペ。

 サテュロスは、ギリシャ・ローマ神話に登場する「森の精」で、
 葡萄酒と享楽の神バッカスの従者。酒に酔い、有頂天に舞い踊るサテュロスが、
 まさに跳躍しようとする一瞬を捉えたこの像は、波打つ頭髪とともに、
 高みを見上げる眼や躍動感あふれる身体表現がじつに印象的な作品で、
 古代ギリシャ最高の彫刻家プラクシテレスの作品とも言われます。

サテュロス、なんと、両腕と右足が失われてしまっていて、
頭と体と左足しかありません。なのに、どうやっても踊り狂ってます。
踊ってないとなりたたない体のひねり具合と、波打つ髪が物語ってます。

ところが、ぐるーっと回って正面に来ると、
恍惚感を現しているらしいけどわたしには無表情に見える顔と、
躍動感のあまりない体。ほかの角度から見たときの躍動感とあまりに馴染まず
なんかおかしいです。納得がいきません。

となりの部屋で上映されていたビデオで、失われている両腕と右足の
想像図を見ることができました。
地についた右足。動きがないです。これもおかしいです、納得がいきません。

で、ぐるぐると何周もまわってながめているうちに、2000年前の当時、
この像がどのように展示されていたのかが気になり始めました。

あの体のひねり具合は、まさに跳躍しながら回っているところ。
となると、ジャンプして、飛び上がっているはず。。。
ってことは、もうちょっと下から見た方が。。と思って、
人目もはばからずしゃがみこんで見上げてみたらビンゴっ!

これです、この角度から見るように作られているんですよ、この像。

見上げると、体の縦のひねりが見えてまさに跳躍した瞬間で、
正面から見ても体が動いているし、
顔は、飛び上がっちゃってるから正面からは見えないんですよ。
見上げたら、首と顎とたなびく髪が見えるだけ、でもそれだけで充分です。
目の象嵌は、下から見上げたときに、目の表情は見えなくても
そこに生き生きとした目があることがわかるようにするために
象嵌にしたんじゃないかな?

あ〜ん、あと1mくらい高い位置に設置したら、
サテュロスが踊れるのにぃ〜!!

でも、そうなるとますます気になる2000年前の展示方法。
どうやっても飛び上がっていてほしいところです。
高いところに吊っていたのかしら?

しゃがみこみながらサテュロスの周りを20周くらい(笑)ぐるぐるまわって
サテュロスを踊らせているうちに
一緒になって頭の中が踊りだしたわたしの目に飛び込んできた
サテュロスの頭にぽっかり空いた大きな穴。。わかった!
頭の中に飛行石が入っていて、くるくる回りながら空中を漂ってたのよっ!

で、ふわふわと回りながら地中海を渡っている時に、なにか事故が起きて、
飛行石は頭を突き破ってはるか彼方に飛び去り、
飛行石を失ったサテュロスは地中海に沈んで。。

サテュロスが発見されたりしたら、他にも一緒に沈んでるものがないか、
ぜったいその辺りの海を探索するはずよね。
でも、そういうことが紹介されてないってことは、船は沈んでないのよ、
サテュロスだけ沈んでたのよ、やっぱ飛行石よ!
ねぇジブリさん、ラピュタの番外編作りません?(笑)


サテュロス展、オススメです。
見に行ったら一度、しゃがみこんで見上げてみてください。
サテュロスが踊りだします。
でも、踊りに見とれてしゃがみこみながらぐるぐる何十周もまわると、
サテュロス並みにぽっかりと頭が壊れるみたいなので要注意(笑)

愛知ではどういう風に展示されるのかしら? 気になる〜。

スポンサーサイト

  • 2008.03.04 Tuesday
  • -
  • 02:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM